セプテムプロダクツが美の知識をお届けします。きれいの泉から湧き出る美の正しい知識を身につけて、美しさに磨きをかけましょう。

menu

セプテムプロダクツ きれいの泉 |セプテムプロダクツの商品を使ったワンポイントアドバイスをしています。

セラミドのおはなし。

izumi1

今回は肌を乾燥や刺激から保護する重要な成分のひとつ「セラミド」についてご説明します。

セラミドとは?

ビューティ_01

セラミドは、角層の細胞間脂質を構成する成分のひとつで、細胞間脂質の約50%を占めています。角層をレンガ塀に例えると、レンガの役目をするのが角層細胞、レンガ同士の間を埋めるモルタルの役目をするのが細胞間脂質です。細胞間脂質は、角層細胞の間で、セラミドなどからなる脂質の層と水の層が、規則正しく交互に何層も重なりあう「ラメラ構造」を形成し、角層の働きを支えています。セラミドは角層のうるおいを保ったり、アレルゲンなどの外部刺激から肌を守る重要な役割を担っています。
セラミドはもともと体内にある成分なので、刺激が少なく安全性にすぐれていることでも知られています。水分保持機能とバリア機能を持つことから、幅広い化粧品へ配合されています。

セラミドが不足すると肌はどうなる?

加齢や気候の変化、環境の変化などによって、セラミドの量が減少すると、十分に水分を保持できなくなるため、肌が乾燥してしまいます。また肌を守るバリア機能が低下するため、あらゆる肌トラブルへと繋がってしまいます。
ビューティ_02
ビューティ_03

セラミド生成にはターンオーバーが重要

セラミドはターンオーバーの過程で生成されます。そのため、セラミドが十分に生み出されるためには、ターンオーバーが正常であることが重要です。寝不足などでターンオーバーが乱れたり、加齢により生成されるセラミドの量が減ってしまうと、乾燥肌や敏感肌などの原因となります。また、不規則な生活や間違ったスキンケアなどでターンオーバーが乱れることもセラミド減少の原因に。
普段からターンオーバーを正常に保つように心がけ、セラミドが不足した時は外部から補うことも大切です。セラミドを含む化粧品を使用したり、サプリメントや食品を継続して摂るなどのケアもおすすめです。

ビューティ_04

Monthly column
お風呂あがりの保湿ケア!
皆さんはお風呂から出た後、スキンケアをおこなうまでどれくらいの時間を空けていますか?「汗がひくまで待つ」「ストレッチやお風呂掃除を済ませてから」「子どもの世話が一区切りついてから」…etc.、いろいろあると思いますが、美容の面からいうと、お風呂あがりのケアはできるだけ早めにおこなうことがおすすめ。お風呂あがりはカラダを石けんなどでキレイに洗っているため、肌表面の皮脂が少なく、とても乾燥しやすい状態となっているからです。カラダの水分を拭きとった後は即、保湿ケアを心がけてください。

関連記事

septem
septem