セプテムプロダクツが美の知識をお届けします。きれいの泉から湧き出る美の正しい知識を身につけて、美しさに磨きをかけましょう。

menu

セプテムプロダクツ きれいの泉 |セプテムプロダクツの商品を使ったワンポイントアドバイスをしています。

シーズン直前、肌ケア対策。春の肌はダメージを受けやすい!

14

長い冬を終え、暖かさ増す春。
季節の変わり目には、肌トラブルが多いことも忘れてはならないもの。
日中との気温差が大きく湿度の低い3月~4月は、乾燥環境でうるおいも不足しがちに。
「肌がカサつく」、「肌が硬くゴワつく」、「化粧ノリが悪い」などの症状を感じたら、水分量と油分量のバランスが悪くなっている合図です。これからは紫外線も強くなるシーズン。
不安定になりがちな春の肌をいたわり、夏を迎える準備をはじめましょう。

シーズン直前、肌ケア対策。春の肌はダメージを受けやすい!

1. 気温の変化

寒暖の差が激しい春。汗ばんだり乾燥したり、環境の変化に追いつけない肌は、生まれ変わりのリズムも乱れがちになります。

2. 花粉・ホコリ

風の強い日が増える春。バリア機能が低下している肌は、風に舞った“花粉”や“ホコリ” などの異物にも敏感になり刺激を感じやすくなります。

3. 紫外線の急増

ポカポカ陽気に誘われて、外出する機会も増える春。紫外線が急増する3月~5月は、強い紫外線に肌が慣れていないために、ダメージを受けやすくなっています。

4. 生活環境の変化

異動や引っ越しなど、環境の変化も多い春。緊張による精神的ストレスや不規則な生活による肉体的ストレスは、カラダを常に緊張状態にさせるため、肌に必要な酸素や栄養を運ぶための血行も悪くなります。

★気をつけよう! 肌の乾燥を招く習慣

毎日の習慣であてはまる項目はありませんか?
<スキンケア編>
◆メークを落とさないで寝てしまうことがある。
◆泡立てずにソープ洗顔をすることがある。
◆熱めのお湯で、洗顔することが多い。
◆洗顔後、何もつけないで放置することがある。
◆忙しいときは、化粧水だけですませることがある。
<ライフスタイル編>
◆外食が多かったり、栄養バランスが乱れがち。
◆入浴はシャワーのみで、お湯に浸からない。
◆寝不足が続いたり、夜更かしすることが多い。
◆エアコンが効いている環境で過ごすことが多い。
◆紫外線対策をしていない。

春の肌ケア、3つのポイント!

1.洗顔 汚れは落としても洗いすぎない。

春になると肌がヒリヒリする、カサカサするなどの症状は、肌表面に付着した花粉やホコリなどの汚れと、汗や皮脂が混ざり酸化するなどして、肌に刺激を与えているから。朝晩の洗顔では、よく泡立てたソープで、こすりすぎに注意しながら、やさしくていねいな洗顔を心がけましょう。

2. 保湿 肌を乾燥させない。保湿は一年を通して重視。

スキンケアの要となる保湿ケア。冷えと乾燥のピークを過ぎて油断しがちですが、肌はまだまだ、乾燥環境にいることを忘れないで。しっかりと保湿をしてバリア機能を良好に保つことが重要です。

3. UVケア 過剰な日焼けをしない。春の紫外線対策は必須。

紫外線は目に見えないため、その強さに気づきにくいからこそ、意識して早めの対策が美肌を保つポイントです。 顔だけでなく首筋や手の甲など、太陽に直接さらす部分の紫外線対策は万全にしましょう。

老化は「酸化」から始まる!

酸化とはいわゆる“からだのサビ”。カラダの中で過剰につくられたサビの原因となる活性酸素は、健康な細胞を減少させ、 すべての老化の原因になるといわれています。

「酸化の原因!」“活性酸素”を増加させる主な要因

1.紫外線
2.ストレス
3.飲酒
4.喫煙
5.スポーツ・激しい運動
6.車の排気ガスなど、大気汚染物質

“春の食材には「抗酸化成分」が豊富!

春は、植物の芽生えのために最大限のパワーを発揮するとき。外部環境から身を守るための防御物質は、ヒトにとっても抗酸化成分などの有効成分となるのです。

◎美肌におすすめしたい春が旬の野菜

菜の花・春キャベツなどのアブラナ科の野菜・タマネギなどのユリ科の野菜

「抗酸化のチカラ」。

肌を酸化させる“活性酸素”を消去するチカラを高める栄養素は、1 年を通して毎日の食事に摂りいれましょう。

ビタミンC 細胞の代わりに、ビタミンC自ら酸化されることで細胞を保護します。酸化してしまったビタミンEの抗酸化作用を再生させる働きも。ビタミンCは細胞と細胞をつなぐコラーゲンの生成を促す作用もあります。
●柑橘類、ピーマン、ブロッコリー、ほうれん草、じゃがいも
ビタミンE 活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、血液循環をスムーズにします。体内の代謝をよくする働きがあり、若返りのビタミンともいわれています。
●アーモンドなどのナッツ類、かぼちゃ、アボカド
亜鉛 活性酸素を抑える酵素の構成成分で、抗酸化作用に役立ちます。また、肝臓でアルコールを分解する際にも必要不可欠な栄養素です。
●牡蠣、牛肉、うなぎ、卵、レバー(牛・豚)
まとめ
春の肌悩みには、「洗顔」・「保湿」・「UVケア」が大切。
毎日のスキンケアと春の食材を摂りいれて、春の美肌をつくりましょう。

関連記事

septem
septem